<   2010年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

懸賞 懸賞

裁判員裁判で初の1審破棄 判決後、被害者の一部と示談(産経新聞)

懸賞 2010年 05月 28日 懸賞

 強盗強姦罪などに問われた山梨県富士吉田市、無職、大谷祐介被告(24)の控訴審判決公判が26日、東京高裁で開かれた。中山隆夫裁判長は懲役13年とした1審静岡地裁沼津支部の裁判員裁判判決を破棄、「1審の量刑判断は正当だが、1審判決後に被害者の一部と示談するなど、被告に有利な事情が生じた」として懲役12年に減刑した。裁判員裁判による1審判決の破棄は初めてとみられる。

 中山裁判長は「1審の量刑判断は事実に基づき適切に評価しており、不当なところはない」と1審の正当性を指摘。その一方で、1審判決後、被害者女性と示談が成立したことについて「裁判員裁判の1審中心主義からすれば、示談を直ちに有利な事情と考えるわけにはいかないが、1審判決時点で示談が存在していれば、より短期の懲役刑が言い渡されていたと考えられる」として減刑した。

 判決によると、平成21年5月、静岡県三島市内の女性宅に侵入。「騒いだら殺すぞ」などと脅して殴るなどし現金7千円を奪い、性的暴行を加えてけがをさせた。このほか強姦1件、強姦未遂2件を起こした。

【関連記事】
母親の内縁夫の初公判は7月23日 西淀川女児遺棄致死事件
覚醒剤密輸「中国で断った…助けてください」
裁判員施行1年 定着へ長期化など是正を
「制度は順調、理念定着」 裁判員制度1年で千葉法相
検審新制度も1年 起訴に民意反映
虐待が子供に与える「傷」とは?

「普天間」日米が大筋合意 辺野古周辺に代替滑走路 訓練の県外移転を検討(産経新聞)
JFN配信9月末まで延長 Kiss−FM放送中止を回避(産経新聞)
イタリアンシェフもこっそり買いに来る「生パスタ」(産経新聞)
「金は使った」容疑者の娘が供述 千葉の放火殺人(産経新聞)
<警察庁>日証協DBに暴力団情報提供 証券取引から排除(毎日新聞)
[PR]

by bjlljagswx | 2010-05-28 14:16

青木幹雄氏の後継に長男…自民、世襲批判警戒(読売新聞)

懸賞 2010年 05月 19日 懸賞

 自民党島根県連は17日、体調不良のため夏の参院選への出馬を断念した青木幹雄・前参院議員会長(参院島根選挙区)の後継候補として、長男で秘書の一彦氏(49)を擁立することを決めた。

 18日に党本部に申請し、公認が決まる見通しだ。

 一彦氏は、青木氏が官房長官だった時に秘書官を務め、現在は公設第1秘書。県連は「秘書として豊富な経験と人脈があり、支持者の理解を最も得やすい」としている。参院選が迫る中、「早く決まってよかった」と安堵(あんど)の声も漏れている。

 ただ、自民党幹部の一人は「時間をかけると『世襲だ』と雑音が入ってくる」と、世襲批判への警戒感が早期の後継選びの背景にあったとの見方を示した。

 一方、青木氏の引退で、独自の影響力を誇ってきた参院自民党の存在感が一層低下するとの見方がある。

 参院議員は、比例選の議員を中心に、党の支持基盤の各種業界・団体と深いつながりを持っていた。中でも、旧竹下派の流れをくみ、青木氏も所属した小渕―橋本―津島派(現額賀派)が長い間、参院自民党の最大勢力を誇り、そのことが、青木氏の党内での強い力の源泉になってきた。しかし、小泉政権の構造改革により支持基盤の弱体化が進み、昨年の野党転落後は参院側から自民党離党者が続出した。党内には、青木氏が参院議員会長を退いてから時間が経過したこともあり、「過大評価しすぎだ」(谷川秀善参院幹事長)との意見もあるが、役職交代後も業界・団体への配慮を欠かさなかった「精神的支柱」(石破政調会長)がいなくなることの象徴的な意味合いは大きそうだ。

 島根選挙区ではほかに、民主党新人の岩田浩岳(34)、共産党新人の石飛育久(32)、みんなの党新人の桜内朋雄(41)の3氏が出馬を表明している。

未婚化は日本の危機だ(産経新聞)
“唯一無二”のチェロ、無事戻る 作家の藤谷治さん「安心した」(産経新聞)
虚偽申請で訪問介護事業所の指定取り消し―岐阜(医療介護CBニュース)
<南アW杯>記念切手を発行 31日から発売…郵便事業会社(毎日新聞)
<将棋>力戦模様の展開に 名人戦第4局(毎日新聞)
[PR]

by bjlljagswx | 2010-05-19 18:52

「手口は『2ちゃんねる』で知った」 高速料金ごまかした男を逮捕(産経新聞)

懸賞 2010年 05月 12日 懸賞

 埼玉県警高速隊と交通捜査課は9日、詐欺の疑いで、春日部市椚の運転手、戸田正己容疑者(41)を逮捕した。

 県警高速隊の調べでは、戸田容疑者は2月12、24の両日朝、さいたま市緑区の東北自動車道浦和料金所で、大型貨物車を運転、加須インターチェンジ(IC)から高速道路に入ったにもかかわらず、収受員に「岩槻ICから乗った」とうそをついて、正規の通行料金3000円より1950円安い1050円を支払い、差額計3900円をだまし取った疑いが持たれている。

 県警高速隊によると、戸田容疑者は「高速代が給料から天引きされるので、カネを浮かせるためにやった。手口はインターネットの掲示板『2ちゃんねる』で知った」などと供述しているという。

 県警高速隊によると、戸田容疑者はETC(自動料金収受システム)レーンを利用して東北道に乗り、出る際は一般レーンを使用。収受員に「エラーが出てETCカードが使えない」と話していた。

 県警高速隊によると、ETCレーンには通過時間などの情報をカードに書き込むため、通過バーの前後にアンテナを設置。大型の車の場合は、一つ目のアンテナを通過した際にバーは開くが、二つ目のアンテナを通過した際に情報が書き込まれる仕組みになっている。戸田容疑者は「二つ目のアンテナを通過する際に、手元にあった伝票で電波を遮断した」と供述しているという。

 県警高速隊では、戸田容疑者が昨年6月から今年2月にかけて同じ手口の不正を計100回行い、約30万円をだまし取っていたことを確認。2月から4月にかけて、40回にわたって同じ犯行をしていたとみて裏付けを急いでいる。

 同隊は「料金所にはカメラをつけるなどして不正は絶対に見逃さない体制を整えている」とコメントしている。

【関連記事】
2chサーバは「世界最強」? “サイバー攻撃”に耐え抜き、勝利宣言
「無能野郎」「氏ね」中傷氾濫…2ちゃん本印税差し押さえは有効か
参院選候補の三橋氏殺害を予告 2ちゃん書き込みの男を任意聴取 警視庁
やられっぱなしの企業に朗報 名誉毀損判決で一気に逆襲だ!
2ちゃんダウン裏に…韓国の独立運動記念日サイバーテロ計画とは

<千歳基地>電気工事で収賄容疑、空自技官を逮捕(毎日新聞)
辺野古修正案、自民も検討を=石破氏(時事通信)
<JR関西線>「撮り鉄」侵入、列車7本に影響 奈良・斑鳩(毎日新聞)
高松塚古墳 「飛鳥美人」など公開(毎日新聞)
NTT労組側、民主議員らに「脱法献金」 9400万円で無償ビラ購入(産経新聞)
[PR]

by bjlljagswx | 2010-05-12 15:05