弁護士法違反で柔道整復師逮捕=資格なく示談交渉−埼玉県警(時事通信)

懸賞 2010年 02月 16日 懸賞

 弁護士資格がないのに交通事故の示談交渉などを行ったとして、埼玉県警生活環境2課は10日、弁護士法違反容疑で、同県熊谷市筑波の元行政書士で柔道整復師柿沢和雄容疑者(46)を逮捕した。同課によると、「弁護士法に違反するとは思っていなかった」と否認しているという。
 逮捕容疑は2007年3月から08年2月までの間、埼玉と群馬の男性2人の交通事故負傷者から示談の委任を受け、賠償保険金の約2割に当たる計279万8000円を報酬として受け取った疑い。 

【関連ニュース】
100万円「事務所運営費に使用」=受領認め「謝礼」否認
弁護士、交渉先と顧問契約=現金受領の汚職行為事件
交渉相手から200万円受領=弁護士逮捕、容疑否認

「連隊長発言」再発防止へ、防衛相が指導(読売新聞)
日本ビクター、海外事業で不適切会計(読売新聞)
<姫路独協大>法科大学院の合格者ゼロ…来年度入試(毎日新聞)
がんの悩み共有 「がん患者・家族会」13日発足(産経新聞)
未承認薬・適応外薬問題解消へ―厚労省の検討会議が初会合(医療介護CBニュース)
[PR]

by bjlljagswx | 2010-02-16 17:23

<< 車内で男性が拳銃自殺? 身元確...   「個所付け」追及を確認=自民チ... >>