反捕鯨団体がまた調査妨害=水産庁(時事通信)

懸賞 2010年 02月 10日 懸賞

 水産庁に入った連絡によると、南極海で調査捕鯨を行っている日本調査船団の母船「日新丸」に対し、日本時間6日午前3時ごろから、米国の反捕鯨団体シー・シェパード(SS)の「ボブ・バーカー」(BB)号が妨害活動を行った。船体の損傷はなく、乗組員の被害も出ていないという。SSによる妨害は1月15日以来、約3週間ぶり。
 BB号は、緑色のレーザー光線を照射して日新丸を追尾し、一時は約160メートル近くまで迫った。これに対し、日新丸は接近を阻止するため、放水を実施。妨害予防船の「第2昭南丸」もBB号をけん制した。 

【関連ニュース】
【動画】シー・シェパード妨害船と衝突=日本船、けが人なし
〔写真特集〕調査捕鯨
捕鯨妨害、調査に協力を=岡田外相
豪州に再発防止への協力要請=調査捕鯨の妨害阻止
妨害阻止、国際世論を喚起=農水相が異例のIWC出席へ

免許証不正取得で追送検=代行運転バイトの元市役所職員−群馬県警(時事通信)
第三国定住 ミャンマー難民の面接開始(毎日新聞)
小沢氏不起訴 識者の声(産経新聞)
高齢ドライバーの9割以上「自分の運転大丈夫」(読売新聞)
<名古屋ひき逃げ>車内指紋、別事件と一致 逃走男から聴取(毎日新聞)
[PR]

by bjlljagswx | 2010-02-10 14:28

<< 衆院予算委員会開催がずれ込み ...   小沢氏、会見で幹事長続投を改め... >>