小沢氏、会見で幹事長続投を改めて表明(読売新聞)

懸賞 2010年 02月 09日 懸賞

 民主党の小沢幹事長は8日夜、小沢氏の資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る事件で元秘書の石川知裕衆院議員ら3人が起訴された後初めて記者会見を行い、事件について陳謝したうえで幹事長を続投する考えを改めて表明した。

 小沢氏は事件について「国民や同志に迷惑をかけ、心よりおわびする」と述べた。そのうえで、自らが不起訴となったことを踏まえ、「従来から一貫して、不正なカネは受け取っていないと主張してきた。そのことが明白になったわけだから、その点については理解と認識をいただきたい」と正当性を強調した。

 自らの説明責任については「検察当局の強制捜査を受け、私自身も2度事情説明した。これ以上の説明はないのではないか」と語った。報道各社の世論調査で辞任を求める声が強いことについても「『小沢は不正なお金を受け取っている』という報道が続いたが、そのような不正はなかったことが明らかになった。『小沢は潔白だった』という報道を続けていただき、その後に世論調査をしていただければそのときにコメントする」と述べた。

 野党などが石川被告の議員辞職を求めていることについては「国会議員の職務に関連して責任を問われているわけではない」と述べ、議員辞職の必要はないとの考えを示唆した。

<参院代表質問>首相、新たな移設先選定を強調 普天間問題(毎日新聞)
米国務次官補が小沢氏に訪米を要請(産経新聞)
石川議員辞職も想定?中川昭一氏の妻擁立検討(読売新聞)
乗用車がガードレール突き破る 自転車2台、バイクと接触(産経新聞)
追い抜かれ立腹、信号待ちのトラック運転者殴る(読売新聞)
[PR]

by bjlljagswx | 2010-02-09 18:50

<< 反捕鯨団体がまた調査妨害=水産...   エステ店経営者に罰金=無免許で... >>