京都フリースクール虐待、元経営者に懲役3年6月(産経新聞)

懸賞 2010年 01月 28日 懸賞

 京都府京丹波町の「丹波ナチュラルスクール」入所者虐待事件で、入所者に対する逮捕監禁などの罪に問われた元経営者の朴聖烈被告(61)の判決が28日、京都地裁であり、宮崎英一裁判長は「長期間に渡り、被害者の自由と人格を踏みにじった悪質な犯行」として懲役3年6月(求刑懲役6年)を言い渡した。

 宮崎裁判長は判決理由で「些細(ささい)なことを理由に暴行を加えるなど、被害者に与えた恐怖心と絶望感は大きい。動機に酌むべく点もなく、反省の態度も認められない」とした。

 判決などによると、朴被告は平成17〜20年の間、10〜20代の男女6人を手錠をかけて自宅から施設まで車で連行。施設の部屋に閉じこめるなどして監禁したうえ、入所者の一人に暴行を加えてけがをさせた。

 検察側は「子供の教育などに悩み苦しんでいる親をだまして多額の金銭を支払わせる悲惨な犯行」などとして懲役6年を求刑。弁護側は「保護者に説明して了承を得ており、正当な業務の範囲内だった」と無罪を主張していた。

【関連記事】
虐待で京都のフリースクールに損害賠償請求
元経営者、起訴事実をほぼ否認 フリースクール虐待事件初公判
フリースクール暴行 施設責任者の女に2年6月の実刑
元施設責任者、起訴事実認める 京都フリースクール虐待
実行役3人に有罪判決 京都のフリースクール虐待 

<交通安全大会>年間スローガン 内閣総理大臣賞など表彰(毎日新聞)
<自民党大会>ノムさん敗因分析「負けに不思議の負けなし」(毎日新聞)
首相が指揮権発動否定 小沢氏側土地問題 「潔白信じる」(産経新聞)
再診料の統一「12年度に向け検討を」―民主・梅村氏(医療介護CBニュース)
常総線踏切で列車と衝突、軽乗用車の女性けが(読売新聞)
[PR]

by bjlljagswx | 2010-01-28 12:54

<< 「フサイチ」馬主の関口氏に5億...   <国交省>「脱ダム」治水のアイ... >>