裁判員裁判で初の1審破棄 判決後、被害者の一部と示談(産経新聞)

懸賞 2010年 05月 28日 懸賞

 強盗強姦罪などに問われた山梨県富士吉田市、無職、大谷祐介被告(24)の控訴審判決公判が26日、東京高裁で開かれた。中山隆夫裁判長は懲役13年とした1審静岡地裁沼津支部の裁判員裁判判決を破棄、「1審の量刑判断は正当だが、1審判決後に被害者の一部と示談するなど、被告に有利な事情が生じた」として懲役12年に減刑した。裁判員裁判による1審判決の破棄は初めてとみられる。

 中山裁判長は「1審の量刑判断は事実に基づき適切に評価しており、不当なところはない」と1審の正当性を指摘。その一方で、1審判決後、被害者女性と示談が成立したことについて「裁判員裁判の1審中心主義からすれば、示談を直ちに有利な事情と考えるわけにはいかないが、1審判決時点で示談が存在していれば、より短期の懲役刑が言い渡されていたと考えられる」として減刑した。

 判決によると、平成21年5月、静岡県三島市内の女性宅に侵入。「騒いだら殺すぞ」などと脅して殴るなどし現金7千円を奪い、性的暴行を加えてけがをさせた。このほか強姦1件、強姦未遂2件を起こした。

【関連記事】
母親の内縁夫の初公判は7月23日 西淀川女児遺棄致死事件
覚醒剤密輸「中国で断った…助けてください」
裁判員施行1年 定着へ長期化など是正を
「制度は順調、理念定着」 裁判員制度1年で千葉法相
検審新制度も1年 起訴に民意反映
虐待が子供に与える「傷」とは?

「普天間」日米が大筋合意 辺野古周辺に代替滑走路 訓練の県外移転を検討(産経新聞)
JFN配信9月末まで延長 Kiss−FM放送中止を回避(産経新聞)
イタリアンシェフもこっそり買いに来る「生パスタ」(産経新聞)
「金は使った」容疑者の娘が供述 千葉の放火殺人(産経新聞)
<警察庁>日証協DBに暴力団情報提供 証券取引から排除(毎日新聞)
[PR]

by bjlljagswx | 2010-05-28 14:16

<< <鳩山首相辞任>自民、参院選へ...   青木幹雄氏の後継に長男…自民、... >>