3人に1人、うつ傾向=加害者家族「事件話せない」−初の実態調査、仙台のNPO(時事通信)

懸賞 2010年 04月 13日 懸賞

 3人に1人がうつ症状を訴え、7割が悩みを打ち明ける相手を求めている−。犯罪加害者の家族が抱える問題を明らかにしようと、初の全国調査を実施したNPO「ワールドオープンハート」(仙台市)が結果をまとめた。「人目が気になり外出できない」と答えた人も半数に上り、家族が置かれている苦しい現状が浮き彫りになった。
 調査は昨年12月から約100人を対象に実施。郵送によるアンケートで34人が回答した。困ったこと(複数回答)として、67%が「事件について安心して話せる人がいなかった」と回答。転居や職場を解雇された人は合わせて2割に上った。うつの症状を訴える人も多く、精神的負担の大きさがうかがわれる。 

名張毒ぶどう酒事件で、最高裁が高裁に審理を差し戻し (産経新聞)
地方選から見える「中央」(産経新聞)
<紛失>筋弛緩剤10ミリグラム入りの瓶 大阪の市立病院(毎日新聞)
西山元記者「超完勝だ」=判決に拍手−沖縄密約訴訟原告(時事通信)
三女「父の芝居守る」 井上ひさしさん葬儀(産経新聞)
[PR]

by bjlljagswx | 2010-04-13 10:59

<< スカウト組織から女性紹介=容疑...   山崎直子飛行士 野口飛行士との... >>