元和歌山市長の実刑確定へ=収賄・背任事件−最高裁(時事通信)

懸賞 2010年 02月 26日 懸賞

 和歌山市の土地購入・借り上げ契約をめぐり、収賄と背任の罪に問われた元市長で現市議の旅田卓宗被告(64)について、最高裁第3小法廷(堀籠幸男裁判長)は22日付で、被告側上告を棄却する決定をした。懲役4年、追徴金300万円とした一、二審の実刑判決が確定する。
 旅田被告は拘置中に和歌山市議選へ出馬しトップ当選。2006年の市長選で敗れ、07年に市議に再当選したが、実刑確定により失職する。 

【関連ニュース】
普天間移設、現計画前提とせず=作業グループで米大統領に異論

マータイさん MOTTAINAIショップを訪問(毎日新聞)
「お年寄り狙いやすい」ひったくり容疑で中学生逮捕(産経新聞)
平岡さんの靴と特定できず=DNA試料集まらず−島根女子大生遺棄(時事通信)
<雑記帳>スピードの加藤選手の母校 センバツに初出場(毎日新聞)
韓国製頭痛薬など販売目的で保管 食品店経営の男逮捕(産経新聞)
[PR]

by bjlljagswx | 2010-02-26 19:07

<< 娘を売り物にした母親たち 1歳...   <10年度予算案>年度内成立へ... >>